初心者でも簡単に分かるせどりの始め方

元々のせどりという言葉は古本屋などで本の背表紙のタイトルを見て希少価値の高そうな物を判別して転売するという事です。大手の本屋から古本を安値で買い大手通販サイトで高値で販売するという手法が話題になりました。最初の頃は本だけの転売だったみたいですが今はCDやDVD、ゲームに家電など幅広いジャンルも含めてせどりと言っています。
せどりを始める前に知っておきたいメリットとデメリット。
メリット
・初心者でも始めやすい
・時間に縛られない
・リスクを最小限に抑えられる
などでしょうか。やはり1番はシステム自体が単純明快であるという事です。商品を出来る限り安く仕入れてネットで売るだけです。パソコンが必要だという事ぐらいです。それだけに時間もかかるような作業は仕入れの時間ぐらいでしょう。なので副業にするのに最適です。リスクについても仕入れるのは自分ですので計算が立ちます。仕入れる前にいくらで売れそうかなどリサーチが出来るので赤字になるリスクは少ないです。
デメリット
・稼ごうと思うと手が足りなくなる
・最初はそれなりに軍資金が必要
・せどりをする環境が大切
商品を仕入れて在庫を集めてからの仕事なので在庫が無くなれば収入もなくなります。副業でお小遣い稼ぎ程度なら問題ありませんがしっかり稼ごうとするとどこかの時間を削らないといけません。資金についてはあくまでも仕入れた商品が売れて初めて収入が入ってくるのでそれなりにお金を用意してから始めた方がいいです。環境についても仕入れなどをするお店が近くにないと大変です。数店舗あればそれだけ良い商品を仕入れる確率も上がります。
具体的には
・ネットなどでリサーチ
・仕入れ
・出品
・発送
全体の流れはこれだけです。初めに行うのはリサーチです。当然の事ですがリサーチがしっかりしてないと仕入れ事態に影響が出ます。色々なサイトなどを見ながら根気よく行いましょう。覚えたら次は仕入れです。価格差のある商品をしっかり買います。せどりは安く買って高く売るが基本です。出品をしてからどれくらいで売れるのか考えて仕入れましょう。商品が手元にきたら出品です。仕入れた商品の値札シールなどは綺麗に剥がしましょう。また買う人の立場になって商品の状態などは細かく伝わるようにします。注文が確定したら納品書を同封して包装、梱包し発送すれば終了です。
そんなに難しい事ではないので興味のある人は楽しみながらやってみてください。

 

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です